2011.08.17
Google Chrome での「SSLで保護されてないコンテンツがあります」的な警告には二種類あって、"the behavior of the page" が守られない可能性がある場合と "the look of the page" が守られない可能性がある場合とがある。前者は error 扱いで、後者は warning 扱い。

http://src.chromium.org/viewvc/chrome/trunk/src/chrome/app/generated_resources.grd?view=markup

(IDS_PAGE_INFO_SECURITY_TAB_ENCRYPTED_INSECURE_CONTENT_ERROR とIDS_PAGE_INFO_SECURITY_TAB_ENCRYPTED_INSECURE_CONTENT_WARNING の違い)

コメントによると前者は script など動的なコンテンツなんかがSSLされてない場合で、後者は画像、CSS など静的なコンテンツがSSLされてない場合のようだ。

chrome1.png

chrome2.png
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力] (画像の中の文字を半角で入力してください。)



※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Rebuild at 2018/11/15 20:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。