2012.02.13
http://d.hatena.ne.jp/hirose31/20100729/1280380054 のやり方を追試した。
VMware Fusion 3.1.3 でもGUIでは設定できないように思う。

vmwarefusion_serial.png

ので、同じように .vmx ファイルを直接編集する。
[Mac:~/Documents/VMware/FreeBSD.vmwarevm] say% diff -u FreeBSD.vmx.orig FreeBSD.vmx
--- FreeBSD.vmx.orig 2012-02-12 13:36:55.000000000 -0500
+++ FreeBSD.vmx 2012-02-12 13:37:48.000000000 -0500
@@ -79,7 +79,9 @@
ide0:1.fileName = "3.vmdk"
ide0:1.redo = ""
serial0.present = "TRUE"
-serial0.fileType = "file"
+serial0.fileType = "pipe"
serial0.fileName = "/Users/user/Downloads/serial-port"
+serial0.tryNoRxLoss = "TRUE"
+serial0.startConnected = "TRUE"
scsi0:0.present = "FALSE"
floppy0.present = "FALSE"
なお、編集後は、こんな感じになる。

vmwarefusion_serial2.png

元記事と同じように socat をダウンロードして普通に ./configure && make で作った socat 1.7.2.0 を使う。

TCPポートにブリッジするには、
% ./socat unix-connect:/Users/user/Downloads/serial-port tcp-listen:1919,reuseaddr,crnl
した上で別のターミナルで
% telnet 127.0.0.1 1919
などとすればつながる。

ただ、この方法だと(少なくとも自分の環境では)入力が二重になるなどイマイチだったので、次のように Jerminal などを使ってPTYにブリッジした方が使いやすい。
% ./socat unix-connect:/Users/user/Downloads/serial-port pty,raw,echo=0,link=/tmp/socket
した上で、Jerminalで接続する。(元記事とは違い link=... は普通に使えた)
% jerm /tmp/socket
Jerminal v0.8095 Copyright (C) 2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2005 candy
Type "Ctrl-M ~ ." to exit.
ispeed 9600 ospeed 9600
+IGNBRK -BRKINT -IGNPAR -PARMRK -INPCK -ISTRIP -INLCR -IGNCR -ICRNL -IXON -IXOFF -IXANY -IMAXBEL
-OPOST +ONLCR -OXTABS -ONOEOT
cs8 -CSTOPB +CREAD -PARENB -PARODD +HUPCL +CLOCAL -CCTS_OFLOW -CRTSCTS -CRTS_IFLOW -MDMBUF +ECHOKE -ECHOE -ECHO -ECHONL -ECHOPRT +ECHOCTL -ISIG -ICANON -ALTWERASE -IEXTEN
-EXTPROC -TOSTOP -FLUSHO -NOKERNINFO -PENDIN -NOFLSH

host# pwd
/root
host#
(ちなみに上記の元記事で "pty:raw,..." のところは "pty,raw,..." のtypoだと思う。)
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力] (画像の中の文字を半角で入力してください。)



※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Rebuild at 2018/04/23 20:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。