2012.06.27
いまさらなメモ

* tcpdump できない

/Library/Application Support/VMware Fusion/vmnet-sniffer を使う。

例: /Library/Application Support/VMware Fusion/vmnet-sniffer vmnet8

* vmnet を増やす

念のため VMware Fusion を止める。
  1. /Library/Application Support/VMware Fusion/networking を編集 (NAT するなら VMNET_8 を、しないなら VMNET_1 をコピーして、適宜番号とアドレスを変更)
  2. (例えばNATする場合) cd /Library/Application Support/VMware Fusion && cp -rp vmnet8 vmnet7 などとしてコピーする
  3. vmnet7/dhcpd.conf はアドレスと "host" を変更、vmnet7/nat.conf はアドレスとインタフェース名を変更、vmnet7/nat.mac は MAC アドレスを変更する。もちろんアドレスなどは networking で指定したものと合わせる。
  4. sudo ./boot.sh --restart
でサーバー側の変更は終了。VM 側は、(VMの名前).vmx の内容を書き換え、

ethernet0.connectionType = "custom"
ethernet0.vnet = "vmnet7"

などとする。("ethernet0.vnet" は存在しないはずなので追加)

ちなみに、VMware Fusion 4 だと、VNeditorUBER Network Fuser などが使える。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力] (画像の中の文字を半角で入力してください。)



※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Rebuild at 2018/12/18 20:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。